失敗しない土地選び

注文住宅づくりは「土地選び」から始まります

理想の注文住宅をつくるために、まず重要になるのは「家を建てるための土地」を選ぶことです。値段や用途、立地・周辺環境と様々な点を考慮しなければなりません。どんな環境でどんな生活をしたいのか、家族の中でも意見が分かれるかもしれません。こちらでは、西東京エリアで住宅建築を手がける山下工務店が、土地選びのポイントについてご案内します。

土地探しから住宅完成まで

予算の決定
家を建てるための土地に、どれだけの予算をかけられるのか決めましょう。土地も妥協できない重要なポイントですが、建物の予算も考えて決めることが大切です。
条件に合う土地探し
家族の希望や予算から土地の具体的な条件を洗い出し、条件に合う土地を探しましょう。探し方は一つではありませんので、色々な方法で探すことをおすすめします。
土地の調査
土地周辺の環境や立地条件など、しっかり調査しておきましょう。ハザードマップなども確認し、安全に暮らせる場所かどうかチェックすることも重要です。
契約
条件に合う土地が見つかり、決定したら契約となります。多くの場合、土地を契約する際には手付金が必要になりますので、事前に確認しておきましょう。
住宅ローン事前審査
家をつくる際には必須になる住宅ローンには多くの種類があります。その中から、金利や返済条件なども考慮したうえで最適なものを選びましょう。まずは住宅ローンの事前審査を受けます。
設計
土地に合わせた住宅の設計を行います。間取りや仕様など、家族の理想をそのまま詰め込んでしまうと予算をオーバーしかねないため、気をつけましょう。
契約
設計図が完成したら、本見積を行ったあとで契約を結びます。
住宅ローン申し込み
土地と建物の費用が判明したら、正式な住宅ローンの申し込みを行います。
着工
住宅ローンの審査を通過して、建築確認済証が交付されたら着工となります。着工前には詳細な仕様まで確定できるようにしましょう。
住宅完成
いよいよ住宅の完成となります。完成後もアフターサポートを行います。

注文住宅に合った土地の探し方

理想の住まいをつくるために、まずはどのように土地を探すべきか知っておきましょう。ポイントを押さえておくことで、家づくりがグッと進めやすくなるはずです。

資金計画を立てる

土地にお金を使いすぎてしまうと、建物に予算が回せなくなってしまいます。まずは土地にかける具体的な予算を決めましょう。施工会社に協力してもらうことで、計画を立てやすくなります。

資金計画を立てる

家をつくるエリアを絞り込む

仕事や学校、ショッピング、公共交通機関など、さまざまな条件から、どんなエリアに住みたいのか考えましょう。まずは大まかなエリアを絞り込むことで、より条件に合う場所を探しやすくなります。

家をつくるエリアを絞り込む

施工会社を探す

土地を探す際には、その土地に詳しい施工会社を見つけておくことが大切です。専門家の協力が得られれば、より具体的なエリアや予算決めなどができるようになります。

施工会社を探す

土地探しで注意すべきこと

土地を探す際には、その土地の周辺の道路や地盤、環境などもしっかりと確認しておく必要があります。こちらでは、土地探しの際に注意すべきポイントをご紹介します。

  • 図面

    土地の図面は、その多くが測量したものではなく、大まかな形状などしか示されていません。まずは現地で正確なデータを確認することが必要です。

  • 用途地域

    地域ごとに、建築できる建物の制限があるため、事前に住宅を建てられる土地かどうかを確かめておきましょう。いずれ周りに高層マンションなどが建つ可能性があるかどうかも確かめることができます。

  • 建ぺい率、容積率

    敷地に対する建築面積の割合のことを「建ぺい率」と言います。建築面積とは建物を真上から見た場合の大きさになりますので、建物によって大きく左右はされません。
    また敷地に対する延床面積の割合を「容積率」と言います。こちらの場合は各フロアの床面積の合計になり、階数も増えれば延べ面積も増えていきます。容積率に上限がある事により、階数の上限も自ずと決まっていきます。極端に高い建物を生み出さないための制限と言えます。

  • 高さ制限など

    建蔽率や容積率のほかにも、建物の高さ制限や日影規制、道路斜線制限など、さまざまな制限があるため、事前に調べておく必要があります。

  • 地盤

    どんなに頑丈な家を建てても、土台となる地盤が弱ければ意味がありません。事前に地盤調査を行って、必要に応じて地盤改良を行いましょう。

  • 宅地造成区域

    宅地造成の規定が平成18年以前のものだった場合、家を建てる前に新たに工事を行わなければならない可能性があります。事前に確かめておきましょう。

  • 埋蔵文化財保蔵地、風致地区など

    家を建てる予定の土地が埋蔵文化財保蔵地内にある場合、まず教育委員会への届け出が必要です。また、場合によっては建築前に試掘調査が行われる可能性もあります。

  • 整形地ではない土地

    建築用の整形地とは異なり、土地が整っていない「不整形地」は価格も安く、固定資産税なども安くなるというメリットがあります。ただし、土地の城乾によっては工事の手間が増える可能性もあるため、注意が必要です。

  • 建築条件付きの土地

    その土地に家を建てる場合の建築会社や家の内容がある程度決まっている土地のことを「建築条件付き土地」と言います。建築条件のない土地と比較して土地価格が割安になることが多いのが特徴です。

  • 借地権付きの土地

    土地を購入するのではなく、地主から土地を借りて家を建てるのが「借地権付きの土地」です。借地権によっては地主への返却が求められることもありますが、購入よりも安く土地を借りることができます。

  • ハザードマップをチェック

    地震や洪水などの災害を想定して、地域のハザードマップを確認しておきましょう。また、地域の歴史などを調べることで、ハザードマップではわからないリスクがわかることもあります。リスクを確認したうえで、想定される災害に強い家を建てたり、保険に加入したりしておきましょう。

現地で確認した方が良いこと

現在ではネットを通して現地の情報を調べることができますが、可能な限り直接出向いて確認したほうが良いこともあります。

日当たり、風通し

家づくりを考えている土地の日当たりや風通しなどを確認します。近くに雑木林などがあると、日当たりに影響を与えることもあります。また、水はけなどを確かめるために雨天時に訪れることもおすすめです。

日当たり、風通し

隣地

家を建てたい土地の隣地の様子を確認しましょう。協会確認書や測量図があれば問題ありませんが、図面もなく境界も不明な場合は、じっくりと状況を確認したうえで、気になる部分は不動産会社などに相談しましょう。

隣地

電柱、ごみ集積所

敷地の間口正面に電柱が立っていたり、ごみ集積所があったりと、実際に住み始めるとトラブルのもとになるものがある可能性があります。電柱が邪魔になる場合は電力会社に移設工事を行ってもらうことも可能です。

電柱、ごみ集積所

地質

地質によっては、洪水などの災害で大きな被害が出る可能性もあります。地盤などに関することは、専門家に確認しておきましょう。

地質

融資の手続き

建売住宅や中古物件を購入する際には、融資は土地と建物を合わせて受けるのが一般的ですが、注文住宅の場合は土地と建物の2段階で融資を受けることになります。

土地先行融資の申込み

注文住宅を建てる場合は、先に土地の融資を受け、後から住宅の融資を受けましょう。融資の商品としては「土地先行融資」「つなぎ融資」と呼ばれるのが一般的です。土地の融資と建物の融資で実行までの期間が異なる可能性があるので注意が必要です。

土地先行融資の申込み

専門家との連携

注文住宅を建てる際には、工事を依頼する会社のほか、土地を仲介してもらう不動産会社、そして銀行の融資窓口という3者間でのやりとりや手続きが多くなります。できるだけしっかりと連絡を取って、連携して家づくりに臨めるようにしましょう。

専門家との連携

PICK UP!すべての要望を満たす土地はありません

すべての要望を満たす土地はありません

家づくりは、ほとんどの方にとって一生に一度の大きな買い物になります。一切の妥協をせずに理想を100%叶えようと思っても実際にはかなり難しい結果が待っています。だからこそ条件をシビアに考え、自分やその家族が真に望んでいる事は何なのかに向き合わねばなりません。勇気を持って基準を定め、明確な優先順位と現実的な予算を考えましょう。

家づくり基礎知識に関するその他ページは

家づくり個別相談会のご予約はこちら家づくり個別相談会の
ご予約はこちら

資料請求はこちら資料請求はこちら

トップに戻る